施工・工具について
■給水用高密度ポリエチレン管・継手の施工 PWA 005/006
 ・EF(融着)接合に必要な工具例
 ・施工手順の一般的な流れ
■水道配水用ポリエチレン管・継手の施工 PWA 001/002
 ・EF(融着)接合に必要な工具例
 ・施工手順の一般的な流れ
  ソケット融着
  サドル融着
給水用高密度ポリエチレン管・継手の施工 PWA 005/006
EF(融着)接合に必要な工具例
75以下のサイズで使用できます。
※100以上のサイズには使用できません。
 
EFコントローラー(EC-75) パネル部 背面部
立て管用クランプ 枝管用クランプ PEスクレーパー
ソケットスクレーパー ハンドスクレーパー ペーパータオル・アセトン等
パイプカッター 電動ドリル(12V以上)  
 
※パイプカッターやPEスクレーパーの刃はきわめて鋭利ですので、素手で刃に触れないでください。
※アセトンは第4類の危険物に該当し、火気厳禁です。保管にあたっては法令および地方自治体の条令にしたがってください。

工具セットはレンタルの仕組みがあります。
(※工具のレンタルについては会員各社にお問い合わせください。)

施工手順の一般的な流れ
1.片受直管の切断
建築設備用PE管片受直管を階高、分岐部に合わせて切断してください。
2.防火区画貫通用テープの巻き付け(防火区画貫通部の処理)

管端から上階のスラブ下端までの寸法を測定し、位置を決定してから防火区画貫通用テープを巻き付けてください。
3.標線の記入
管を切断し、土や汚れを清掃した後、継手挿入代を管の円周方向に記入してください。
※生キャップをそのまま標線記入に使用できます。
●挿入長さ 単位:mm
呼び径 標線長さ
20 40
25 42
30 46
40 46
50 52
75 65

※養生キャップをそのまま標線記入に使用できます。
4.融着面の切断
油性ペンでマーキングした後、スクレーパーで切断してください。
5.管・継手の清掃
切断後継手内面と管外面をアセトン等を浸み込ませたペーパータオルを使用して融着面を清掃してください。
軍手を使用しないでください。
6.片受直管の挿入、固定
片受直管を上階のスリーブに挿入しながら、管と仮接合をし、クランプを使って接合、管と継手を固定してください。
7.融着準備
コントローラーの電源を入れ、表示内容を確認した後、コネクターと継手のターミナルピンを接続してください。
8.融着
バーコードリーダーで継手に貼付されているバーコードを読み取り、コントローラーの通電を開始してください。融着終了後、コネクターを取り外してください。
※大きな電圧降下には注意してください。
●標準温度(23℃)における通電時間
継手種類(例) 枝付片受直管・エルボ
呼び径 20 50 75
通電時間(秒) 75 110 140
9.冷却
融着終了後、インジケーターが融着表面より隆起していることを確認し、冷却時間を加えた時間を継手表面に記入してください。
冷却時間終了後、クランプを取り外します。
●冷却時間
呼び径 20〜50 75
冷却時間(分) 20 50
10.配管の支持固定
1)スラブ固定

足付き床バンド(ゴム無)でスラブに確実に固定してください。
2)振れ止め支持

アングルとUバンド等を組み合わせて中間支持を行ってください。
11.枝管の配管
メーターユニットと枝管との距離を計り、給水用高密度PE管を切断し、エルボと組み合わせて、メーター側まで仮組みしてください。立て管と同様の手順で融着作業を行ってください。
枝管も振れ止め支持を行います。

水道配水用ポリエチレン管・継手の施工 PWA 001/002
EF(融着)接合に必要な工具例
 
コントローラー クランプ サドルクランプ
  a:ソケット・チーズ兼用クランプ
b:ソケットクランプ
 
PEスクレーパー   ソケットスクレーパー   ポリカンナ
 
a:PEスクレーパー
b:PEスクレーパー用ジョイント
       
電動ドリル   分水サドル用穿孔具   分水栓用穿孔具
   
    a:タッピングツール
b:ラチェットレンチ
  穿孔刃は配水用ポリエチレン管用をご使用ください。
パイプカッター   アセトン・エタノール・ペーパータオル    
     
a:回転式パイプカッター
b:ラチェット式パイプカッター
       
 
※パイプカッターやPEスクレーパーの刃はきわめて鋭利ですので、素手で刃に触れないでください。
※アセトンは第4類の危険物に該当し、火気厳禁です。保管にあたっては法令および地方自治体の条令にしたがってください。

工具セットはレンタルの仕組みがあります。
(※工具のレンタルについては会員各社にお問い合わせください。)

施工の一般的な流れ ソケット融着
1.管の切断
所定のパイプカッターを用いて管を切断してください。
※5mm以上の斜め切りは融着不良の原因となります。

切削時、管を固定しないと管が回転するおそれがありますので、パイプが回らないように固定してください。
2.管の点検・清掃
管に傷、汚れ等がないかを点検してください。
管に付着している土や汚れを事前に清掃してください。
3.挿入標線の記入
継手の挿入長さをメジャー等で確認し管に挿入標線を記入してください。
呼び径 標線記入位置(mm)
両受 片受 キャップ
20 40 - -
25 42 - 45
50 52 - 52
75 65 65 65
100 80 66 66
150 100 133 133
200 158 158 -
4.管融着部へのマーキング
管融着部に切削状態確認用のマーキングを行ってください。
 (切削面には斜線を入れてください。)
5.管融着部の切削
マーキングが完全に消えるまで表面をスクレープ(切削)してください。
切削時、管を固定しないと管が回転する恐れがありますので、パイプが回らないように固定してください。
6.継手と管の清掃
継手内面および管切削面をアセトンを浸み込ませた専用のペーパータオルを用い素手で掃除してください。
※ペーパータオルは1回1回使い捨てとします。使い回しはさけてください。
7.管と継手の固定
標線まで確実に管を挿入しソケットクランプを用いて管と継手を固定してください。
※あらかじめ管に標線を記入してください。片受品の場合、クランプをしても曲がりによる標線のずれが出る可能性があるので、管を水平にしてください。
8.融着
出力ケーブルのコネクターと継手のターミナルを接続してください。
コントローラーにバーコード情報を入力した後、スタートボタンを押して通電してください。
呼び径 通電時間
両受 片受
20 65 -
25 75 -
50 110 -
75 140 140
100 220 155
150 470 220
200 360×2 360
※23℃の場合
9.検査
インジケーターにより融着部の検査を行ってください。
※インジケーターが隆起していない場合は、融着不良の可能性がありますので、管を切断してやり直してください。
10.冷却
通電終了後、冷却完了時の時刻を記入してください。
所定の時間、放置冷却する。
呼び径 冷却時間
50以下 5分以上
75以下 10分以上
※冷却完了まではクランプを取り外さないでください。

施工の一般的な流れ サドル融着
1.管の点検・清掃
管に傷、汚れ等がないかを点検してください。
管に付着している土や汚れを事前に清掃してください。
2.取り付け位置の記入
継手の融着面より広い範囲をマーキングしてください。
3.管融着部へのマーキング
管融着部に切削状態確認用のマーキングを行ってください。
4.管融着部の切削
マーキングが完全に消えるまで表面を切削してください。
5.継手と管の清掃
継手内面および管切削面をアセトンを浸み込ませた専用のペーパータオルを用い素手で清掃してください。
※ペーパータオルは1回1回使い捨てとします。使い回しはさけてください。
6.管と継手の固定
サドルクランプを用いて、管と継手を固定してください。
7.融着
出力ケーブルのコネクターと継手のターミナルを接続してください。
コントローラーにバーコード情報を入力した後、スタートボタンを押して通電してください。
呼び径 通電時間(秒)
全品種 120
※23℃の場合
8.検査
インジケーターにより融着部の検査を行ってください。
※インジケーターが隆起していない場合は、融着不良の可能性がありますのでやり直してください。
9.冷却
通電終了後、冷却完了時の時刻を記入してください。
所定の時間、放置冷却してください。
呼び径 通電時間(秒)
全品種 5分以上
※冷却完了まではクランプを取り外さないでください。
10.穿孔
タッピングツールを取り付け、分水サドル内部に内蔵されたカッター(ホールソー)にて穿孔してください。
※穿孔は、9の冷却が終了後クランプを外してから行ってください。
11.キャップの締め付け
●キャップを手で確実に締め付けてください。